- Made in France -

Hemp cultivation in France

フランスは世界最大級の産業用ヘンプ栽培国の1つです。ヘンプ=麻の栽培は先祖代々で西暦1000年から知られており、19世紀のフランスではヘンプを栽培するために176,000ヘクタール以上の土地が使用されていました。現在では約17,000ヘクタールと10分の1に減少しているものの世界で2番目に大きな生産国となっています。

Why French hemp?

近年、高品質のヘンプオイルとCBDの需要が急増しているためフランスは最も魅力的な栽培場所のひとつであり、フランスは間違いなくヨーロッパの高品質ヘンプ栽培の誰もが認めるリーダーです。ヨーロッパで生産される全産業用ヘンプの半分以上を生産しており、現在使用されている産業用ヘンプの種子は大量生産するためにフランスにおいて品種改良されてきました。フランスのヘンプは、植物学的にも文化的にも重要なものと見なされています。

フランスの地図